ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

連載記事

2017年7月20日更新


山形小説家・ライター講座
山形小説家・ライター講座『その人の素顔』第85回 宮木あや子(小説家)×池上冬樹(文芸評論家)対談
「自分が許容できる範囲のタブーには、挑戦します。でも、他の人がここまで書いてるから、私もここまで書かなきゃ、というのはやりません」  第84回は小説家の宮木あや子さんをお迎えして、小説家を志してからデビューに至るまでの経緯や、物語の作り方、世界観へのこだわりなどについて、真摯に語っていただきました。 ◆「20歳までにデビューしよう!」しかし現実は/プリンタ故障の功名/歌の世界と小説の世界 …

2017年7月14日更新


山形小説家・ライター講座
山形小説家・ライター『講座だより』Vol.97 講師:宮木あや子先生(2017.5.28)
「美しい小説を書くためには確固たる世界観が必要で、そこに現実の雑音は入れちゃいけないんですよ」  5月の講師には、宮木あや子氏をお迎えした。  1976年神奈川県出身。15歳で小説家を志し、2006年『花宵道中』で第5回R-18文学賞大賞と読者賞を受賞し、作家デビュー。  時代を問わず、女性の生きる姿を描いて絶大な支持を得ており、2014年から刊行した『校閲ガール』シリーズは石原さとみ主 …

2017年7月13日更新


中山七里
3月1日  本日より事実上の就活解禁。正式の解禁日は六月なのだが、実際はこの三カ月間に八割の学生が内定をもらうのだという。今年も少子化を反映して売り手市場だというものの、やはりここでも二極分化が起こっており、どうしても人気企業とその他に分かれてしまう。  娘は深夜0時から就職説明会のエントリーを開始したが、何と言うかチケットぴあの申し込みよろしく午前3時まで頑張ってみたが、とうとうゲットできなかっ …

2017年6月30日更新


山形小説家・ライター講座
「筆をゆるめてきれいごとにしたら、かえって失礼になることもあります。書かずにいられない作家の業が、島尾敏雄さんにも、私にもありました」  今回は、ノンフィクション作家の梯久美子さんをお迎えして、梯さんがノンフィクション作家になるまでの経緯や、傑作ノンフィクション『狂うひと』の誕生秘話について、お話していただきました。 ◆作家・ライターのふところ事情/値段をめぐる大人の事情/雑誌媒体の衰退 …

2017年6月27日更新


中山七里
2月21日  生活を安定させるために、いったん岐阜に帰省。午後9時に自宅到着。数日前から先に帰省していた娘はまだ眠りこけている。一人暮らしの時には規則正しい生活を送っていても、いざ実家に帰った途端ダメ人間に成り果てる。僕にも覚えがあるので、ここは見過ごしてやるのが武士の情け。  早速書斎に籠もって執筆を再開する。やっぱり捗る。新連載『テロリストの家』、公安の知識はないと書いたが、それでも東西冷戦終 …

2017年6月23日更新


山形小説家・ライター講座
山形小説家・ライター『講座だより』Vol.97 講師:梯久美子先生(2017.4.23)
「いちど取材ものを書いてみては。取材相手と自分の、ふたつの視点を文章に入れることで、作品が読み物になり、ひとりごとではなくなります」  2017年度のオープニングを飾る4月講座には、梯久美子氏を講師としてお迎えした。  1961年、熊本県生まれ。北海道大学卒。編集プロダクションを経て、2001年よりフリーライターとしてルポルタージュを執筆しはじめる。  2006年『散るぞ悲しき―硫黄島総指 …

2017年5月31日更新


中山七里
2月11日  建国記念の日は楽しみにしている祝日の一つだ。何故かと言うと、この日は右翼の街宣車が靖国通りを走り回り、大音量で懐メロを流してくれるからだ。実際、こんな時でもないと軍歌など聴く機会がないから貴重なのだ(もっとも最近では谷村新司の『群青』や『宇宙戦艦ヤマト』のテーマやらを流す右翼もいるので油断がならない)。  右翼で思い出したのだが、少し前右翼関連本を店先に並べたとかでネット界隈からの …
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿