ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

石原弓子 蔵紡ぎ

石原 弓子

医者という長年の夢がかなった開業初日、十五の娘を誤診で死なせた小倉利通。家も藩も追い出された彼を拾ったのは、蔵紡診療所を営むくら(つむぎ先生)だった。(第1話は小説幻冬2019年7月号をご覧ください) 利通(くら先生)、くら(つむぎ先生)。そして、2人の後押しがあって医者になるために学び始めた平助(たすく先生)。彼らのもとに舞い込んだ案件は、次第に雲行きが怪しくなり……。   *   *   * &nbs …
1
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿