ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

中山七転八倒

中山七里


3月11日  執筆の合間、例の禁断症状が出てきたので、日比谷みゆき座にて『トリプルX再起動』を観賞する。えーっとですね、大抵「リブート」だとか「再起動」とかの言葉がタイトルに入る時は「前作はなかったことにしようね」という意味が含まれていることが多い。それでこの映画もそうなのかなあと思っていたのだが、物語後半でそうではなかったことが判明。監督の作品愛にほっこりしたのであった。  実業之日本社Kさん …

3月1日  本日より事実上の就活解禁。正式の解禁日は六月なのだが、実際はこの三カ月間に八割の学生が内定をもらうのだという。今年も少子化を反映して売り手市場だというものの、やはりここでも二極分化が起こっており、どうしても人気企業とその他に分かれてしまう。  娘は深夜0時から就職説明会のエントリーを開始したが、何と言うかチケットぴあの申し込みよろしく午前3時まで頑張ってみたが、とうとうゲットできなかっ …

2月21日  生活を安定させるために、いったん岐阜に帰省。午後9時に自宅到着。数日前から先に帰省していた娘はまだ眠りこけている。一人暮らしの時には規則正しい生活を送っていても、いざ実家に帰った途端ダメ人間に成り果てる。僕にも覚えがあるので、ここは見過ごしてやるのが武士の情け。  早速書斎に籠もって執筆を再開する。やっぱり捗る。新連載『テロリストの家』、公安の知識はないと書いたが、それでも東西冷戦終 …

2月11日  建国記念の日は楽しみにしている祝日の一つだ。何故かと言うと、この日は右翼の街宣車が靖国通りを走り回り、大音量で懐メロを流してくれるからだ。実際、こんな時でもないと軍歌など聴く機会がないから貴重なのだ(もっとも最近では谷村新司の『群青』や『宇宙戦艦ヤマト』のテーマやらを流す右翼もいるので油断がならない)。  右翼で思い出したのだが、少し前右翼関連本を店先に並べたとかでネット界隈からの …

2月1日  10時、ヤマト便で送られてきた長編のゲラの直し作業に入る。修正点は主に表記の揺れなので20分ほどで終了したが、黄色の付箋が花咲く中、一本だけ青い付箋が挿してあった。 『五体満足』は差別語ではないかというのだ。  僕は考え込んでしまった。穿った見方をすれば差別語と捉えられないこともないだろうが、これがもし差別語なら『健常者』、『健康体』、『金持ち』、『普通』、『一般』、『すくすくと』、『自 …

1月21日 ようやく『ふたたび嗤う淑女』今回分を脱稿、すぐさま「野性時代」連載用原稿加筆分に着手。気がつくと昨日から何も口にしていないことを思い出し、エネルギー補給のために外出する。 本日神保町界隈は〈神田雪だるまフェア〉なるものが開催されており、街のあちこちに雪だるまが鎮座している。ただでさえ寒風吹き荒ぶというのに、更に寒くなる。それでもどこにこれだけいたんだと思うくらい子供たちが集まっている …

1月11日  14時、双葉社にて「ダ・ヴィンチ」誌のインタビュー。三月刊行予定『翼がなくても』に関しての企画で、インタビュワーは『スタート!』の際にもお世話になった河村道子さん。まずインタビューの前に編集局長以下営業部の方々がずらりと勢揃い。こちらは恐縮してコメツキバッタのように頭を下げる。 インタビューでは色々と詳細を訊かれたので、担当編集のYさんにも伝えなかった物語の二項対立やら、何故この物語に …
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿