ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

中山七転八倒

中山七里


5月21日  原稿の締め切りが迫っているのでひと足早く東京へ戻る。戻ってみればまだ五月だというのに、はや東京は真夏日。陽射しの強さに着衣は汗だく。荷物を抱え、へろへろになりながら事務所に戻る。  ホテルでも新幹線の中でも執筆を続けるが、やはり慣れた机の上で書く方が数段能率が違ってくる。いっそドラえもんでも現れてどこでもドアでも用意してくれんもんかしら。  原稿が進むには進むが、この原稿は100枚予定 …

5月11日  イタリア五日目、NTVでフィレンツェからローマへと移動。バチカン美術館・システィーナ礼拝堂を巡る。礼拝堂なのに設置されているスピーカーはどれもBOSE製だとジョークを口走ると、妻から冷たい視線を浴びる。その後、サンピエトロ寺院やらトレビの泉やらコロッセオやら絵に描いたような観光コースを回る。こういうものを見る度に『グラディエーター』やら『ローマの休日』を再見したくなり、どうも困る。 …

5月1日  案の定、各出版社から原稿督促のメールが入る。加えてゲラ修正が二件にプロットの督促が三件。こういうのはホラー映画と同じで、突然やられるよりも「来るぞ、来るぞ」と怖れている時にやられるのが一番怖い。本日より「小説NON」連載の『ヒポクラテスの試練』に着手。何とか二日で仕上げないとヤバい。  中学生のなりたい職業というのが発表され、女子の部では二位に〈絵を描く職業〉、五位に〈文章を書く職業 …

4月21日  引っ越し当日。8時に早くもトラック到着。何でも目の前でビルが建築中のため、トラックを停めるなと言われたこと。気の毒に。  もとより荷物が少ないため、搬出も三十分を切る。部屋の中はもぬけの殻。専業になってから五年を過ごした部屋だが、締め切りに追いまくられた記憶しかなく、出ていくとなった際も何の感慨も浮かばず。  急ぎ転居先に向かう。既に新しい家具の搬入、並びにガスの点検、管理人さんへの …

4月11日  10時、NHK出版のSさんと『護れなかった者たちへ』書籍化について打ち合わせ。刊行はずいぶん先になってしまうが、その分仕掛けに時間的余裕があるので活用したいとのこと。当方、プルーフについてあれこれと提案。まともな作家なら思いつかないことなので、実行できれば結構皆さんも面白がってくれるのではないか。因みに編集部では誰も犯人を当てられなかったとのことでひと安心。ただし枚数が結構あるので、 …

4月1日  エイプリルフールということでネットにはフェイクニュースが飛び交っている。僕の知り合いの同業者さんたちも挙って参加している。中にはフェイクなのかトゥルーなのか判然としないものもあって困惑する。僕がもしSNSとかやっていたらと想像するが、少し考えたら絶対に参加しないであろうことに気づく。だって小説で散々嘘を吐いているのだ、今更現実世界で一つや二つ嘘を吐いて何ほどのことがあろうか。  面白 …

3月21日  本日、書店訪問。同行者は光文社K編集長とMさん。 ・三省堂書店神保町本店さま ・三省堂書店有楽町店さま ・八重洲ブックセンターさま ・丸善丸の内本店さま ・三省堂書店池袋本店さま ・紀伊國屋書店新宿本店さま ・ブックファースト新宿店さま ・有隣堂恵比寿店さま  有難うございました。  朝っぱらから内田康夫さん休筆のニュースを知る。しかもそれに伴って、現在毎日新聞に連載中の小説を書き …
1234
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿