ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

連載記事

2019年11月15日更新
石原 弓子
医者という長年の夢がかなった開業初日、十五の娘を誤診で死なせた小倉利通。家も藩も追い出された彼を拾ったのは、蔵紡診療所を営むくら(つむぎ先生)だった。(第1話は小説幻冬2019年7月号をご覧ください) 利通(くら先生)、くら(つむぎ先生)。そして、2人の後押しがあって医者になるために学び始めた平助(たすく先生)。彼らのもとに舞い込んだ案件は、次第に雲行きが怪しくなり……。   *   *   * &nbs …
2019年11月5日更新
山形小説家・ライター講座
第111回 佐藤多佳子氏(作家)×紺野真美子氏(夫婦作家・紺野仲右ヱ門)座談会
「目で見えるもの、耳で聞こえるものなど、五感で受け取る情報が具体的に多くあると、主人公がいろいろなものに反応して自由に動いてくれる。それだけの材料が必要なので、取材には時間をかけます」  第111回は佐藤多佳子氏をお迎えして、夫婦作家・紺野仲右ヱ門の紺野真美子氏による司会のもと、多くの傑作を生む基になった経験や発想、取材で見たものを自分の中に取り込むということ、書くということの原体験などについ …
2019年11月1日更新
山形小説家・ライター講座
Vol.127 講師:佐藤多佳子先生(2019.9.22)
「民間伝承の持つ力ってすごく強いので、物語に入れ込むのはとても有効ではあるんですけど、ひとつ間違うと、その素材そのものに食われてしまう危険性も、あるんですよね」  9月の講師には、佐藤多佳子先生をお迎えした。  東京都出身。1989年『サマータイム』でMOE童話大賞を受賞しデビュー。2007年『一瞬の風になれ』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞を受賞。2011年には『聖夜』で小学館児童出版文化賞、 …
2019年9月24日更新
山形小説家・ライター講座
第110回 三浦しをん氏(作家)×池上冬樹氏(文芸評論家)対談
「小説って、言語のみで表現するものじゃないですか。言語って、論理なんですよ。ロジカルな部分がないと、絶対にうまくいかないんです。感性だけで書くことは、言語を使う限り無理なんですよ」  第110回は三浦しをん氏をお迎えして、読者の反応の受け取り方、題材や技法上の挑戦、感性と論理性についてなど、池上冬樹氏の司会のもと語っていただきました。 ◆エッセイの「脚色」ということ/言いたい事も言えないこんな世 …
2019年9月17日更新
山形小説家・ライター講座
Vol.126 講師:三浦しをん先生(2019.8.25)
「みなさん、物忘れが激しすぎるよ(笑)。前に書いたことを忘れて、都合よく、こうしたほうが効果的かな、みたいな思いつきで書いちゃうのは、登場人物たちの日常を蔑ろにしてしまっているということです」  8月の講座には、三浦しをん先生を講師としてお招きした。  1976年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2000年『格闘する者に○(まる)』でデビュー。06年に『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を受賞し …
2019年9月2日更新
山形小説家・ライター講座
第109回 今村翔吾氏(作家)×池上冬樹氏(文芸評論家)対談
「書いていて一番熱量がこもるときは、考えるより先に指が動いています。その状態になるためには、それまでやってきた地道な資料や文章の精査、基本的なことを1つずつ積み重ねることしかないと思います」  第109回は今村翔吾氏をお迎えして、小説に込める熱量や、夢をあきらめないということ、シリーズものの面白さと難しさ、小説家に必要な孤独などについて、お話していただきました。 ◆小説への姿勢と熱量/運命の出会 …
2019年8月28日更新
山形小説家・ライター講座
Vol.125 講師:今村翔吾先生(2019.7.28)
「小説に突破力を与えるには、日常から立ち上げていくより、もっと大きなネタを作って、そこにリアリティを与えて、納得させるような筆力を見せる。これが、新人賞を狙うにはいいやり方だと思います」  7月講座には、今村翔吾先生を講師にお迎えした。  1984年京都府出身。2016年に『蹴れ、彦五郎』で伊豆文学賞最優秀賞(小説・随筆・紀行文部門)。『狐の城』で九州さが大衆文学賞大賞と笹沢左保賞を受賞。20 …
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿