ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

投稿作品ピックアップ

2019年6月17日更新

投稿作品ピックアップ

ピクシブ文芸編集部
祖父の死が遺された家族にもたらす意外な形の幸せを描く長編。高校3年生の湊は、大好きな祖父の死をきっかけに、祖父の若い愛人の息子・千翼と出会います。2歳年上で、太陽みたいな祖父に似ている千翼は、生真面目な自分と正反対。そんな千翼に翻弄されつつも、居心地のよさを感じていき……。
祖父の人物描写がとても魅力的で、ほかの登場人物もすべてが優しく、愛にあふれています。湊にとっては祖父、千翼にとっては父、同じ人物を偲びながら2人で横浜の街で遊ぶ後半のストーリーは秀逸。とても丁寧に練られ、書き込まれていることが伝わってくる作品です。

キャラクターが素敵です! 5 ★★★★★
ストーリーが面白いです! 5 ★★★★★
文章で読ませます!    5 ★★★★★
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2019年5月27日更新
ピクシブ文芸編集部
大好きな母が家を出ていったこと、母と通っていた教会で殺人事件が起きたこと…そんな3年前の出来事を機に、母が残して行った下着を身につける癖がついてしまった男子高校生・七生。彼が自分自身と向き合うことで、未解決である教会の殺人事件の真相に近づいていくミステリー。教会やフェティシズムなど、全編に漂う神聖かつ禁忌的な雰囲気が見事に効いています。さまざまな事象が複雑に絡むストーリー展開ですが、途中、キーマンとして登場する七生のクラスメイトで、女装専門のストリップ劇場で働くノアの視点が混ざることで、より理解が深まりました。

キャラクターが素敵です! 4 ★★★★☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2019年5月20日更新
ピクシブ文芸編集部
「読書研究同好会」に所属する高校3年の主人公・春彦と、春彦の側でだけ眠れるという慢性不眠症の高校1年生・和雪との心の交流と淡い恋を描いた青春ストーリーです。情景描写が巧みで、特に、読書しながらうとうとしてしまった春彦が目を覚ますと和雪が寄りかかって寝ていた…という2人の出会いの描写は、心地よく、まどろむような雰囲気がよく表現されていて、物語のいい導入になっていると感じました。展開は少々早いですが、設定や起承転結がわかりやすく、よく練られた短編です。

キャラクターが素敵です! 3 ★★★☆☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2019年5月13日更新
ピクシブ文芸編集部
舞台は生体アンドロイドが存在する近未来。ある時、富裕層に所有され、廃棄処分となった美少女を象ったシリーズ「SKYDOLL」の何体かが世界各地の集積廃棄場から失踪。彼女たちは自分たちを棄てた元主人を殺すため、アイドルユニットを結成して…。アイドルとしてのパフォーマンスシーン然り、アクションシーンも美しくて戦闘にも長けている彼女たちが躍動する様子がとてもクール。それぞれの人間関係も色濃く描かれており、続いていくにつれ、多面的に楽しめる重厚なSFヒューマンドラマになりそうな予感がします。

キャラクターが素敵です! 4 ★★★★☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    3 ★★★☆☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2019年5月7日更新
ピクシブ文芸編集部
研究者の夢と欲望が生み出した恐怖をつづったSFホラー。化学研究者・ラッツは、大学の同期で親友の生物学研究者・ボルドと、互いの作品を披露し合う約束をします。しかしボルドの研究所を訪ねたラッツは、彼が秘密裏に恐ろしい実験を繰り返していることを知って……。コンパクトに収められたストーリーですが、今にも何か起こりそうなハラハラ感や、研究の内容など、さまざまな恐怖が巧みに描かれています。ムネモシュネというギリシャ神話の“記憶の女神”をモチーフにしている点も印象深く感じました。

キャラクターが素敵です! 3 ★★★☆☆
ストーリーが面白いです! 3 ★★★☆☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   4 ★★★★☆
2019年4月23日更新
ピクシブ文芸編集部
職を失い、親からも勘当された東京出身のオタクの青年・修吾が、ひょんなことから北海道・帯広の農場に住み込みで働くことになり、成長していく物語です。修吾と最悪の出会いをする農場の若社長・裕貴、修吾の雇い主となる大和農場の社長・健介、大和農場の跡取り娘・絵美など、登場人物やそのバックボーンがしっかりと作り込まれているのが印象的。そのため、まだ物語は序盤ですが、今後の展開に厚みが出そうで期待が高まりました。著者が農業従事者とのことで、詳細にリアリティーを感じられるのも読みどころです。

キャラクターが素敵です! 5 ★★★★★
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    3 ★★★☆☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2019年4月16日更新
ピクシブ文芸編集部
熊、狼、猪などの獣人が存在する世界を舞台に、狼獣人の刑事・久我山諒の奮闘を描くミステリー。無関係に思われる2つの事件現場で、同じ“腐りかけた果物のにおい”を嗅いだ久我山は、そのにおいを手掛かりに真相に迫りますが……。先が読めない展開はもちろん、事件の詳細がしっかりと練られていて、一気に引き込まれます。また、久我山の先輩で猪獣人の刑事・井苅や、鬼人の博士研究員・すみれ、久我山の恋人である人間の瑞希……とキャラクターも細やかに描かれており、豊かな人間関係も楽しむことができました。ぜひシリーズとして続けてほしい一作です。

キャラクターが素敵です! 5 ★★★★★
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿