ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

ピックアップ

2020年8月6日更新
ピクシブ文芸編集部
現代医学では治せない難病患者を乗せ、未来の地球へと向かう宇宙船。そこで同室になった2人の少女・マコトとニナの友情を描いたSFファンタジー短編です。
妙に気が合った17歳と19歳の2人が他愛ないおしゃべりをしながら友情を育む様子は微笑ましいですが、その中でニナが打ち明けた宇宙船に乗り込んだ理由に、とても考えさせられました。“幸せ”とはどんなものか。自分の幸せ、大切な人の幸せ……。マコトとニナ、それぞれの思いに共感しながら、読後も“幸せ”の定義に思いを馳せるような余韻が残る味わい深い作品です。

キャラクターが素敵です! 3 ★★★☆☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    3 ★★★☆☆
タイトルがいいです!   4 ★★★★☆
2020年7月30日更新
ピクシブ文芸編集部
コーヒーショップで生き生きと働く真希を見て以来、理想の女性として憧れていた葵。通い詰めるうちに親しくなりますが、ある日、真希が話す恋人のエピソードが、自分の恋人・琢磨と重なって……。
憧れの女性へ疑念や恐怖を感じていく様子が手に取るように伝わってきました。特筆すべきは、冒頭からしばらく続くブロック。葵と真希のおしゃべりを、真希の言葉だけで間断なく羅列することで、読者を一気に引き込み、さらに真希の異様さを際立たせており、とても効果的です。リアルに起こりそうで、ゾクリとさせられるサスペンスです。

キャラクターが素敵です! 3 ★★★☆☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    5 ★★★★★
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆

連載記事

2020年6月26日更新
→第2回「夢さなか」を読む →第3回「言霊」を読む →第4回「花咲く恋」を読む *   *   * つむぎが隼人と共に紀伊に旅立って、早五年の月日が流れた。 利通は今、信政と共に長崎は出島のオランダ商館で、エルヴィンという医者から蘭学を学んでいた。エルヴィンは三十歳半ばの貴公子で、外科治療に秀でた商館医であった。解剖学にも精通していて、その知識を得ようと日本中から、腕に覚えのある医者達がやって来ていた。 …

ランキング

みんなの投稿作品

公式Twitter

あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿