ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

ピックアップ

2019年4月16日更新
ピクシブ文芸編集部
熊、狼、猪などの獣人が存在する世界を舞台に、狼獣人の刑事・久我山諒の奮闘を描くミステリー。無関係に思われる2つの事件現場で、同じ“腐りかけた果物のにおい”を嗅いだ久我山は、そのにおいを手掛かりに真相に迫りますが……。先が読めない展開はもちろん、事件の詳細がしっかりと練られていて、一気に引き込まれます。また、久我山の先輩で猪獣人の刑事・井苅や、鬼人の博士研究員・すみれ、久我山の恋人である人間の瑞希……とキャラクターも細やかに描かれており、豊かな人間関係も楽しむことができました。ぜひシリーズとして続けてほしい一作です。

キャラクターが素敵です! 5 ★★★★★
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2019年4月5日更新
ピクシブ文芸編集部
海辺の田舎町を舞台に、“平凡”を自認する高校一年生・真央が体験した、いつもと違う夏を切り取った短編です。地域のコミュニティFMのパーソナリティーに抜擢されたことから自らのアイデンティティーに向き合い、成長していく彼女の心の機微が丁寧に描かれており、自然と感情移入することができます。後半、とある出来事をきっかけに彼女の周囲が変化していき、思いがけず善悪について考えさせられました。コミカルさとシリアスさのバランスが絶妙で、読後、不思議な爽快感を感じた青春小説です。

キャラクターが素敵です! 4 ★★★★☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    5 ★★★★★
タイトルがいいです!   4 ★★★★☆

連載記事

2019年3月30日更新
山形小説家・ライター講座
第105回 和合亮一氏(詩人)×池上冬樹(文芸評論家)対談
「言葉というものは、時間や空間と密接につながっているところもあれば、リアルタイムに支配されない自由性もある。それは、われわれの魂の自由性でもあります」      第105回は和合亮一氏をお迎えして、山形を舞台とした文学との出会いの思い出や、東日本大震災と原発事故を受けての詩作とその後の変化などについて、語っていただきました。 ◆文学伝習所との出会い/高校演劇のカリスマ伝説/全身小説家の迫力 …

ランキング

みんなの投稿作品

公式Twitter

あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿