ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

ピックアップ

2020年5月21日更新
ピクシブ文芸編集部
ホストクラブで借金を繰り返し、行方をくらましていたキャバ嬢・樹里は、ホストの虎之介に捕まり、とあるデパートに連れて来られます。小さな楽器店で虎之介から「俺のピアノを聴いているうちに、樹里はいつの間にかタピオカになる」「タピオカから人生をやり直す」と言われた樹里は冗談だと思い、爆笑しますが……。
ブームとなった“タピオカ”をモチーフにするという視点がユニークかつキャッチーですが、それとは裏腹にシュールで、ちょっぴりぞわりとするストーリー展開が絶妙なバランス。不思議な読後感の短編です。

キャラクターが素敵です! 3 ★★★☆☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2020年5月14日更新
ピクシブ文芸編集部
ずっと女装に興味を抱きつつも、そんな自分を否定していた男子高生・杉村。誰もいない教室で女装用の服をあててみた瞬間を、クラスメイトの美意識が高い男子・要に目撃されるというピンチに陥りますが、要のとあるカミングアウトに背中を押され、杉村も本当の自分を解放する流れに。
杉村をグイグイと導いていく要のキャラクターが潔く、好感が持てます。ほんの数時間の出来事を切り取ったショートショートですが、女装や化粧という行為も相まって、主人公のブレイクスルーの瞬間が鮮やかに、清々しく描かれています。

キャラクターが素敵です! 4 ★★★★☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆

連載記事

2020年4月17日更新
→第2回「夢さなか」を読む →第3回「言霊」を読む *   *   * 「はいはい、何時までもお正月気分で寛がないの。ここは寄合場所じゃないのよ。お天道様の光に当たって、健康的に過ごしなさい」 小正月を過ぎて未だ雪が降る日があるものの、草木も芽吹き始めていた。少しずつ春の兆しが見えてきているものの、診療所には未だ毅のからくり座布団で暖を取るべく、長屋の者達が集まって来ている。そんな姿を見てつむぎは、外 …

ランキング

みんなの投稿作品

公式Twitter

あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿