ピクシブ文芸
ピクシブ文芸

ピックアップ

2018年12月11日更新
ピクシブ文芸編集部
女子高の寮で出会った1年生の千里と麗。ゴールデンウイークに帰省しなかった2人は、誰もいない寮で初めて言葉を交わし、お互いに故郷にコンプレックスを抱えていることが分かります。それに向き合おうとする麗に影響を受け、千里も逃げるように出てきた大阪の街に思いをめぐらせることに……。2人の会話が優しさにあふれていて、心に染みるものばかり。千里の名前にまつわるエピソードはよく考えられていると思いました。2人をつなぐ“空色の和菓子”が効果的に使われていて、物語全体をさわやかに彩っています。

キャラクターが素敵です! 4 ★★★★☆
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆
2018年11月29日更新
ピクシブ文芸編集部
戦後間もない東京郊外。小夜は東京大空襲で家族と声を失って路頭に迷っていたところ、「おしゃべりじゃないのがいい」と人気女流作家・修子の屋敷に引き取られます。修子の小説の口述筆記や身の回りの世話をして彼女に仕える小夜は、恋に奔放だが優しい修子を慕い、修子も純真な小夜を頼りにし、支え合って暮らす2人。声を出せない小夜が修子へ思いを募らせていくさまが繊細に描かれ、切なさともどかしさが伝わります。小夜と修子のキャラクター描写も秀逸。2人の関係がどう変化するのか、先が読みたくなりました。

キャラクターが素敵です! 5 ★★★★★
ストーリーが面白いです! 4 ★★★★☆
文章で読ませます!    4 ★★★★☆
タイトルがいいです!   3 ★★★☆☆

連載記事

2018年12月13日更新
山形小説家・ライター講座
第101回 堂場瞬一(作家)×池上冬樹(文芸評論家)対談
「プロットを立てたとおりに書けなかったとしても、プロットに合わせて修正する必要はありません。最終的には小説を書き終わることだけが大事なので」  第101回は堂場瞬一先生をお迎えして、多数のシリーズを同時展開する苦労や、最近ほめられることが多くなったというあることの描写、多忙な執筆生活のサイクルなどについて、語っていただきました。 ◆警察小説のプレ横山・ポスト横山/新聞からネタは拾える/起 …

ランキング

みんなの投稿作品

公式Twitter

あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿
あなたの作品を掲載しませんか? アカウントを作成 作品を投稿